2012年11月6日

SEO対策、Google対策ばかりに追われないで下さい。


カテゴリー:Web


ワン・デザイン工房では今までに数多くの企業様のホームページ制作、リニューアル作業を請け負いさせて頂きました。
その中で、よくお客様からの要望でホームページで注文が欲しいのだけれど、全く問い合わせが無い!
ホームページをリニューアルしたいのだけれども、本当に効果があるのか?どのようにしたらホームページから問い合わせが来るのか?

こういった質問やご要望があるのは当然です。

何十万もかけて一切問い合わせが無いのでは一体何のためにホームページに金をつぎ込んだのかわかりません。
まず整理してください。

1.自社のホームページ(製造業の場合)にくる訪問者は何を探しているか?
2.自社の製品の特徴は?他社との違いは?
3.訪問者(ユーザー)の要求をきちんと把握しているか?
4.そしてYAHOO・Googleでそれらのユーザーの入力するキーワードを把握しているか?
5.その結果自社のホームページが上位ページ(1~3P以内)に出てくるか?
6.ページ内の文章、図解、資料等はわかりやすく整然と整理されているか?
7.訪問者にメリットとなる情報がそこに記されているか?出し惜しみしていないか?

 

大事なことは自社のホームページを客観視し、ユーザー視点で再確認する事です。
ホームページで自社商品・技術・サポートを紹介し、そのメリットを知ってもらい問い合わせを頂く。

忘れないでください。かっこいいホームページだから問い合わせが来るのではありません。
その製品や技術力、サポート、企業への信頼があるか問い合わせをして来るのです。

一番大事なのは当然自社製品のセールスの特徴です。

ホームページは自社製品やサービスのPRをインターネット上で紹介するだけのものです。
ホームページがいいか悪いかの判断は「デザインがカッコいいか悪いか」では無く、いかにユーザーにわかりやすく、スムーズに自社製品を紹介し、企業の営業活動・企業PRのサポートを捕捉しているか?がPOINTかと思います。

企業内でのホームページ担当者様は、時にはご自分でも色々と勉強されて努力しています。
日常の業務の間を見て尚且つ、自社ホームページまでの管理となるとそれは大変です。
社内で出来る事と専門業者に委託される事と分けたほうがいいでしょう。

SEO対策、Google対策ばかりに追われないで下さい。
一番の対策はユーザー目線で自社ホームページがわかりやすいか?情報が適切か?
常に更新されているか?が結局は問い合わせに近づく最大の一歩です。

問い合わせUPへの近道はありません。

Copyright © ONE-DESIGN All Rights Reserved.