2016年8月25日

企業WEBサイト リニューアル成功するPOINT その2


【企業WEBサイト・リニューアル成功するPOINT その2】・・・Googleを知る

「SEO」という言葉と「Google」は切っても切れません。日本国内でのSEO対策はイコールGoogle対策となっている今現在ではもはや常識です。

 

 

前回はキーワードのマッチングについて記しましたが、今回はGoogleは何をどのように評価し、そして多くのWEBサイトを順番づけしているのかを想像してみたいと思います。

Googleは一貫してして次のような事を言っています。Googleサイト内のGoogleについてをよく読んでいくとわかります。

 

Google が掲げる 10 の事

 

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。~10まであります。省略しますが、一読しておくといいと思います。

そして次にみなさんにお薦めしたいのがビジネスツール内のウェブマスターツールの使用です。

ここでは、自分のサイトに対しての指標がわかります。

 

WEBマスターツールを利用する事によってGoogleが自社のサイトをどのように認知しているか客観的に判断できる資料が整います。私の場合よく確認する箇所として

 

1.HTMLの改善

2.クローラーの情報

3.サイト登録

 

があります。それからどんなキーワードで訪問されているかもわかります。検索トラフィックを見るとキーワードの閲覧がわかります。

 

 

さて中でもサイトの改善としてぜひ見て起きてほしいのがHTMLの改善です。ここではタイトルタグの重複、メタディスクリプションの重複を指摘されている場合にその箇所を洗い出しして個々に異なる個別のタイトル名称等を付けるようにしてください。

 

 

最近では、CMSの普及や自動ページ生成によって自動的にこのページタイトルやディスクリプション等が複写のまま貼られている場合があります。これはNGです。

次にクローラー情報ですが、自社のサイトにGoogleのクローラーがどれくらい来ているか?を確認します。もしクロールエラーが表示されている場合には該当のURLをチェックします。

 

 

3番目のサイト登録は私の場合にはクライアント様のサイトをGoogleに見に来てくれるように申請します。

このマスターツールとアナリティクスを交互に見ながら自分のサイトを時々テコ入れしています。

 

 

Copyright © ONE-DESIGN All Rights Reserved.